2017年08月22日のつぶやき

2017.08.23 Wednesday 03:01
0
    16:13
    ワックスフリーのプロポリスの効果 https://t.co/XjEzxNv9MS #jugem_blog
    category:- | by:店長 | - | -

    ワックスフリーのプロポリスの効果

    2017.08.22 Tuesday 16:09
    0

       

      プロポリスは漢方薬と同様、沢山の有効成分が相互に作用して(相乗作用)、それぞれの有効成分が持つ効果プラスアルファの効果を発揮するという特徴があります。

       

       

      ですから、プロポリスの効果を最大限得るためには、自然のままで何も足さず何も引かない原液が一番です。

      ただ最近は、プロポリス製品も種類が非常に増えて、「ワックスフリー」とい謳い文句の製品も多くなってきました。

       

      この“ワックス”というのは蜂ヤニのことで、植物精油や樹脂などの天然物質からできています。

      この蜂ヤニの中にも豊富に有効成分が含まれているので、身体のためには取り入れるのが望ましいです。

       

      しかし、蜂ヤニが苦くて舌触りが悪いこと、ドロッとしているので見た目が悪いことなどの理由で、ワックスフリーの名のもとに蜂ヤニを除去したプロポリス製品が増えているのです。

      このワックスフリーのプロポリス製品は、ただヤニ質を除去しているだけではありません。加工するために界面活性剤やグリセリンモノ脂肪酸エステルなどの薬品や人工添加物を用いているのです。

      つまりワックスフリーというのは、本来プロポリスが持っている作用を減らして、その代わりに人工添加物を加えているのです。

       

      これらワックスフリーのプロポリスは、たしかに飲みやすいです。はじめてプロポリスを飲む方でも抵抗なく飲めるでしょう。

      でも、本来の薬理作用は低下していますから、思ったような効果が見られない、ということがよくあります。

       

       

      要するに、効果を取るか、飲みやすさを取るかの選択です。

      「効果も高くて、飲みやすいプロポリスはないの?」と思われるかもしれませんが、“良薬は口に苦し”という言葉もあるように、どっちもいいとこ取りというのは難しいんですよね。
      ただし、蜂ヤニも含んで効果が高いプロポリス原液を、全く味を感じず飲む方法はあります。
      それは、プロポリスを空のカプセルに入れて飲む、という方法です。
      当店では、どうしてもプロポリスの味が苦手で飲めないというお客さまには、カプセルのプレゼントなどもしております。
      プロポリスは飲みたいけど苦いのが苦手・・・という方は、一度当店にご相談くださいね。
      category:プロポリス 比較 | by:店長comments(0) | -

      2017年08月21日のつぶやき

      2017.08.22 Tuesday 03:01
      0
        15:01
        プロポリスの成分を抽出利用する? https://t.co/KnlLuugCnP #jugem_blog
        category:- | by:店長 | - | -

        プロポリスの成分を抽出利用する?

        2017.08.21 Monday 15:01
        0

          プロポリスには非常に高い薬理効果が認められるため、最近、プロポリスの含有成分のうち特定の有効成分を抽出し、医薬品として加工して利用しようという考え方があります。

           

          つまり西洋医学的に、特定の症状にズバリ効く薬としてプロポリスの抽出成分を利用するわけです。

           

          それはそれで、いいかもしれません。

          ただ、プロポリスのすごいところは、多彩な有効成分が相互に作用して(相乗作用)、一つ一つの成分の持つ作用プラスアルファの効果を発揮する、ということです。

          (参考記事:プロポリスQ&Aその3

           

          それを、種々の有効成分をバラバラにして取り出して使用するとなると、もちろん相乗作用はなくなりますから、プロポリス本来の効果が薄れることになるでしょう。

           

           

          また、プロポリスは身体の一部分だけに効果を表すものではなく、身体本来の自然治癒力を向上させることによって、全体的に健康レベルを高めてくれるものです。

          プロポリスは漢方薬のように全身にマイルドに効果を表し、身体バランスを整えることによって悪い所を癒すのです。

          プロポリスの有効成分を抽出利用するとなると、プロポリスのそういった特徴が失われますから、非常にもったいない話ではないでしょうか。

           

          それだけでなく、せっかくプロポリスは身体のバランスを整えてくれる作用があるのに、プロポリスの一部の成分だけを利用するなら、身体のバランスが崩れることにはならないでしょうか。

          人工的に精製された医薬品のメリットは、特定の症状に早い効果を示すことですが、デメリットは身体のバランスを崩してしまうことです。

           

          たとえば、病院で痛み止めの薬を処方されたとして、その薬が強くて胃を傷める可能性があるため、胃薬も出されるということがあります。これは、まさに医薬品のデメリット、副作用です。

          プロポリスの特定の成分だけを抽出利用することで、このように副作用が生じてしまうとしたら、本末転倒と言えるのです。

           

           

          以上のように考えてみると、プロポリスの一番良い利用方法は、やはり天然のままで摂取することだといえます。

          プロポリスは、何といっても副作用がなく、体の免疫力を高め、身体の一部ではなく全身に作用するのです。

          そのプロポリスの特徴を失ってしまうのは、本当にもったいないと思いませんか?

          category:プロポリス 成分 | by:店長comments(0) | -

          プロポリスと漢方治療

          2017.08.20 Sunday 12:00
          0

            JUGEMテーマ:健康食品・サプリメント

             

            プロポリスは人類の歴史上、非常に古くから治療薬として用いられてきました。

            (参考記事:プロポリスの古代の歴史

             

            ですから、プロポリスには何千年分の膨大な治療体験の蓄積があるといえます。

            そして、その薬理作用についても、身体の隅々にまで及び、精神を安定させる作用に至るまで、とても幅広い効果があります。

            プロポリスは、全身の状態を改善し、身体本来の自己治癒力(免疫)を回復・強化するという、素晴らしい自然の贈り物なのです。

             

             

            ただ、西洋医学が中心の現代日本の医療において、プロポリスは薬として認められてはいません。

            ドイツや東欧諸国などでは、プロポリスは西洋薬と同列に扱われ薬局で販売されているのですが、ここ日本においては残念ながら、まだそこまでに至っていません。

             

             

            それでも、お医者さんの中には、プロポリスの驚くべき薬理作用を認めて、積極的に患者にプロポリスを薦めるお医者さんもおられるようです。

            特に、漢方薬を扱う漢方医は、漢方の視点から見てプロポリスの作用を高く評価されます。

            漢方の考え方は、人間本来の自然治癒力を引き出すこと、そして人の心を含む全身を小宇宙に見立て、全体のバランスを正常にするという観点から生薬を調合し処方する、というものです。

            その視点から見たときに、プロポリスも漢方薬によく似ているといえるのです。

             

             

            近年、西洋医学の問題点である化学合成薬の副作用や耐性菌の問題などがクローズアップされてきました。

            (参考記事:医者も悩む薬の副作用抗生物質と細菌の仁義なき戦い

             

            そのため今後、漢方治療はますます広がっていくとみられています。

            漢方治療の考え方がもっと一般的に認められるようになれば、プロポリスもそれに伴ってさらに脚光を浴びるでしょうね。

            category:プロポリス | by:店長comments(0) | -

            プロポリスはフラボノイドの宝庫

            2017.08.19 Saturday 12:00
            0

              フラボノイドというと、誰もが一度は聞いたことがあると思います。

              フラボノイドはポリフェノールの一種で、美容効果やアンチエイジング効果、生活習慣病を予防する作用などで知られています。

               

              スーパーなどでは、フラボノイド入りチューインガムを見かけますよね。

              他にも、緑茶やコーヒー、蕎麦やチョコレートなどにも多く含まれています。

              野菜や果物にも含まれていますから、普段から健康的な食生活に心がけていれば、自然とフラボノイドを摂取していることになります。


               

              でも実は、フラボノイドと一言に言っても、その種類は約4000種類にも及ぶのです。

              たとえば、緑茶に含まれているフラボノイドは「カテキン」といいます。

              コーヒーに含まれるフラボノイドは「フェノール酸」、蕎麦のフラボノイドは「ルチン」、チョコレートのフラボノイドは「エピカテキン」など、それぞれに固有の名前が付いているんです。

              大豆に含まれている「イソフラボン」のことも聞いたことがあると思いますが、イソフラボンもフラボノイドの一種です。

               

              このように、フラボノイドは非常に種類豊富で、それぞれに異なる薬理効果があるわけです。

               

               

              プロポリスは、そのフラボノイドが非常に豊富に含まれているので、「フラボノイドの宝庫」とも呼ばれます。

              自分でフラボノイドの種類を一つ一つ見分けながら摂取するのは大変ですが、プロポリスを飲むだけでフラボノイドをまんべんなく摂取できるわけです。

               

               

              フラボノイドは植物に含まれる成分ですが、もともと糖類(果糖)を含有しています。

              しかし、プロポリスに含まれるフラボノイドには糖類は含まれていません。

              どういうことでしょうか?

               

              プロポリスは、ミツバチが植物の樹液や新芽などを採集して作るものですが、その際にミツバチ自身の分泌液と混ぜ合わせて作っています。

              その分泌液にはβグルコシターゼ酵素が含まれており、それによって植物由来のフラボノイドが分解され、糖類を含まない特別なフラボノイドが出来上がるのです。

               

              こうしてできるプロポリスは非常に強力な殺菌・抗菌作用を持ち、免疫活性作用をも発揮します。

              プロポリスに含まれるフラボノイドの薬理作用については、現代科学でもまだ完全に解明できていません。

              つまり、多種多様なフラボノイドが相互に非常に複雑に作用し合っている、ということがいえるのです。

               

               

              category:プロポリス 成分 | by:店長comments(0) | -

              漢方薬と同じ“生薬”プロポリス

              2017.08.18 Friday 12:00
              0

                 

                医学には大きく分けて2つあります。

                西洋医学と漢方医学です。

                 

                 

                 

                非常に簡潔に申し上げますと、

                西洋医学は、化学合成された薬を中心に、症状を緩和する「対症療法」になります。

                それに対して漢方医学は、薬効のある天然の“生薬”を用いて体全体の調子を整える「原因療法」です。

                 

                西洋医学の結晶である合成薬は、症状に即効的に効果を発揮してくれますが、デメリットとして副作用もあります。

                一方、漢方医学で用いられる天然の生薬は、即効性は西洋薬ほどない代わりに、体に対する副作用もありません。

                 

                 

                プロポリスはその意味でいくと、漢方医学でいう生薬の部類に入るでしょう。

                なぜなら、プロポリスはミツバチが植物から採集した天然成分と、ミツバチ自身の分泌物が混合されてできた自然食品だからです。

                そこには、人為的な成分は何1つふくまれていません。完全に100%自然の成分です。

                 

                 

                また、プロポリスは他の生薬と同様、双方向に効果を表してくれます。

                たとえば漢方にはダイオウ(大黄)が挙げられますが、これにはタンニンやレインといった下痢を止める成分が含まれる一方、アントラキノンやセンノシドといった下痢を起こす成分が含有されています。

                そのため、便秘で悩んでいる人であれば便を出させる効果があり、反対に下痢に悩んでいる人には下痢を止めてくれる効果が表れるのです。

                つまり、生薬の双方向作用は、体の状態や置かれている条件によって、現れる効果が異なるわけです。

                 

                これは、西洋医学の薬ではあり得ない働きです。

                病院で処方される薬は一つの条件下でしか効果を表しません。つまり、一方向の作用です。

                例えば、熱がある時に解熱剤を飲むことがあるでしょう。

                でもその薬の副作用は胃に負担をかけてしまうので、今度は胃痛を和らげるために胃薬が処方されるのです。

                 

                 

                プロポリスは、漢方生薬と同じで双方向の作用があるので、飲む人の体の悪いところに応じて効果が表れるのです。

                高血圧の人がプロポリスを飲むと血圧が下がり、低血圧の人は正常な値まで血圧が上がる、という具合です。

                 

                ですから、プロポリスは安心して飲むことができるというわけですね。

                category:プロポリス 効果 | by:店長comments(0) | -

                プロポリスは若返りの秘薬?

                2017.08.17 Thursday 12:00
                0

                  JUGEMテーマ:健康食品・サプリメント

                   

                  人の細胞は20歳をピークに、年齢と共に徐々に弱体化していき、それが老化につながります。

                  では、その細胞を活性化させて元気にしてあげることはできるのでしょうか?

                   

                   

                  はい、できます!

                  プロポリスを飲むと、プロポリスにふんだんに含まれているフラボノイドが細胞の表面にある受容体(レセプター)に結合します。

                  そうするとアデニル酸化酵素が働くようになり、プロテインキナーゼが活性化されます。

                  その際にエネルギーが発生し、細胞そのものが活性化されるのです。

                  つまり、プロポリスを飲むことで細胞の持つエネルギーが高まり、細胞が元気になるわけです。

                   

                  そうすると、どうなるでしょうか。

                  プロポリスを毎日飲んでいる当店のお客さまからよくお聞きするのが、「風邪をひかなくなった」「朝の目覚めがよくなった」「肌にハリが出てきて綺麗になってきた」「白髪頭だったのが黒くなってきた」といった声です。

                   

                  これは、私たちの体を構成している細胞自体が、プロポリスの細胞活性作用によって若々しく元気になっている証拠です。

                  そう、プロポリスには、“若返り作用”と言える、すごい作用があるのです。

                   

                  (参考:お客さまの声

                   

                   

                  昨日の記事で取り上げた「胸腺」という、免疫細胞Tリンパ球を教育する軍士官学校のような器官がありますが、

                   

                  (参考:胸腺と免疫の関係とは

                   

                  プロポリスは胸腺にも働きかけます。

                  プロポリスには、胸腺が老化して弱体化するのを留める作用があるので、強力なTリンパ球が成長するのを手助けしてくれます。

                   

                   

                  このように、プロポリスには想像以上の“若返りパワー”が秘められているのです。

                  これは、ぜひ一度あなたにも実感していただきたいです!

                  category:プロポリス 効果 | by:店長comments(0) | -

                  胸腺と免疫の関係とは

                  2017.08.16 Wednesday 12:00
                  0

                    人間の体を構成する細胞は約60兆個といわれています。

                    細胞の成長は20歳頃まで続き、その後は徐々に老化していくことになります。

                    40歳くらいになると、体力の低下や老眼などを実感するようになり、糖尿病やガンといった深刻な病気のリスクも増えてきます。

                    これは、体自身の免疫機能や新陳代謝能力が年齢と共に落ちていくからです。

                     

                     

                    この免疫力の低下と密接な関係があるのが、胸腺という器官です。

                    胸腺は、胸骨の後ろに位置する小さな器官です。

                    でも、免疫機能において胸腺はとても重要な役割を果たしているのです。

                     

                     

                    免疫細胞の中でも、Tリンパ球は最も重要な役割を果たします。

                    Tリンパ球は骨髄で作られるのですが、それだけでは免疫細胞として未熟です。

                    そこで、このTリンパ球は胸腺に向かいます。胸腺でホルモンの影響を受けることによって、4つのTリンパ球にそれぞれ成長します。

                    この4種類は、「キラーT細胞」「ヘルパーT細胞」「サプレッサーT細胞」「メモリーT細胞」の4つです。

                    このように、胸腺とはT細胞を教育して立派な免疫細胞に育て上げる「軍士官学校」ともいえる大切な器官です。

                     

                     

                    ですが、老化に伴ってこの胸腺も機能が弱っていくのです。

                    20歳頃が一番胸腺は元気で、その後徐々に退縮していき、40歳頃からは著しく弱っていくそうです。

                    冒頭で述べた、人間の老化現象と全く同じ時系列ですよね。

                     

                    その胸腺の退化とともに、Tリンパ球の質が下がっていき、結果として免疫機能も落ちていきます。

                    これは、残念ながら自然の摂理というものです。

                     

                     

                    ・・・でも、安心してください。

                    プロポリスに含まれるフラボノイドで、この胸腺の退化による免疫力低下を補うことができます!

                    どういうことか、明日の記事でご説明しますね。

                     

                    category:プロポリス 免疫力 | by:店長comments(0) | -

                    2017年08月15日のつぶやき

                    2017.08.16 Wednesday 03:01
                    0
                      14:24
                      ストレスをプロポリスに含まれるフィトンチッドで解消しよう https://t.co/T352l6sKvx #jugem_blog
                      category:- | by:店長 | - | -

                      Calender
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM