抗生物質と細菌の仁義なき戦い

2015.03.12 Thursday 14:23
0

    人類の歴史は病気との戦いの歴史ですが、その病気の原因は細菌によるとことがとても大きいのです。


    特に、20世紀に入って人間が抗生物質を作り出してからは、現代医学が想像すらできかった、細菌と抗生剤の攻防が繰り広げられています。
    現在の抗生剤は、ペニシリン系からセフェム系ほか、73種の製品が出回っています。


    そして、ついに耐性細菌MRSA菌(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)が出現しました。
    たまにテレビのニュースなどで、病院内での集団感染が報じられているので、ご存知の方も多いかもしれません。


    この細菌の怖ろしいところは、どんな抗生剤も全く効かないところです。
    この菌はいったん病院内にあらわれると、たちまち広がって、特に重病人や老齢者、子どもなど、抵抗力の弱い人の命を奪うという、恐ろしい細菌です。


    それでも、この細菌をやっつける、“バンコマイシン”という薬がやっと作り出されたのですが、今では、その薬にも耐性をもつMRSA菌が出てきて、とても困っているのです。


    このようにして、細菌と抗生物質との追いかけっこは、終わりが全く見えない“仁義なき戦い”に突入しているのです。
    まさに化学合成品と生物の戦いですが、これが現代医学の弱点でもあります。


    生物に対して薬で対応できる部分は対応し、薬で対応できない部分は、自らの体の免疫力などを向上させて、細菌に立ち向かうほうが、賢い選択だといえるでしょう。

    category:プロポリス 抗生物質 | by:comments(0) | -

                
    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
                
    プロポリス寺尾養蜂日本支社
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM