プロポリスとウイルス

2015.03.26 Thursday 00:52
0

    プロポリスは、ミツバチの巣を風雨や害虫などの外敵から守るものですが、この外敵には細菌やウイルスなどの病原菌なども含まれています。


    ミツバチの巣は、ひとつの集団で2万〜5万匹の集団を作って生活しています。
    この中に数匹でも病気のミツバチがいるとどうなるでしょうか?


    たちまち集団感染して、全滅してしまう恐れがありますよね。
    ですから、病原菌などが繁殖しないように、巣の中はとても衛生的に保たれていて、ほぼ滅菌室に近い状態なのです。
    これはプロポリスに強い殺菌作用があるからなのです。


    これは実例として有名なのですが、ミツバチの巣に侵入してハチに刺し殺されたネズミが、プロポリスで塗り固められて、ミイラ化した写真があります。
    ネズミの死骸を放置しておくと腐敗して巣が汚染されるので、それを防ぐためにプロポリスが使われたわけです。


    プロポリスで塗り固められていると、常温でもネズミが腐敗しないことからも、プロポリスの防腐・殺菌力の効果の高さがよく判りますね。

    category:プロポリス ウイルス | by:comments(0) | -

                
    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
                
    プロポリス寺尾養蜂日本支社
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM