プロポリスの成分抽出方法(水抽出)

2014.12.24 Wednesday 20:27
0

    「天然の恵」であるプロポリスには色々な抽出方法があります。
    前回は、一番ポピュラーで、なおかつ一番有効成分が抽出できる『アルコール抽出』をご紹介しました。
    今日は「水抽出」と呼ばれる方法をご紹介します。


    【水抽出法】

    プロポリスは大部分が樹脂・ヤニなので、水には溶け難く、有効成分をうまく抽出できません。
    そのため特にフラボノイドはほとんど抽出できません。

    また、水には雑菌など不純物が含まれていることや、水そのものがカビなどを繁殖させ腐りやすい弱点があります。
    この弱点をカバーする方法の研究がされています。


    [1]

    50度以下の水を使う。
    ガンに対しての効き目はアルコール抽出に劣らなくなってきています。

    たんぱく質などの活性が落ちないように50度以下の水を使用し滅菌フィルターでろ過して滅菌処理をし凍結乾燥させ粉末を作り、その粉末に精製水(蒸留水)を加えてエキスを作ります。

    [2]

    活性水(機能水)を使う。
    フラボノイド以外の有効成分に期待できます。
    粉末にする前に50度前後のぬるま湯で水に溶けない蜜ロウを除き、真空凍結乾燥する前に活性水を使ってエキスを作ります。

    活性水とは水の分子集団を電磁波やセラミックを使ってさらに小さくした水で抽出率が高くなります。

    [3]

    含水エタノール抽出という方法でアルコールと水の利点を生かします。
    水とアルコールの利点を生かした方法ですが、まだ研究段階なので成分の作用などは詳しく判っていません。

    category:プロポリスとは | by:comments(0) | -

                
    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
                
    プロポリス寺尾養蜂日本支社
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM