海外では薬扱いのプロポリス!

2017.08.30 Wednesday 18:18
0

     

    プロポリスは健康食品であって薬ではない、というのは日本の話です。

    じつは海外では、プロポリスが生薬として堂々と薬局で販売されている所も多いのです。

     

    もちろん、薬として販売するためには、基礎的な研究から、安全性の試験、臨床実験、膨大なデータに裏打ちされた効果効能などを証明しなければいけません。

    主にドイツや旧ソ連の国々では、薬としてのプロポリスの研究のために莫大な費用と時間をかけて、プロポリスを薬用として利用してきました。

    たとえば、外用薬としてはニキビ・中耳炎・口内炎・鼻炎・歯槽膿漏・切り傷などに塗るためにプロポリスが用いられています。

     

    ハンガリーでは、やけど治療のために用いられる薬はプロポリス軟膏だそうです。
    また、ブルガリアでは関節炎などの炎症の病気に対して、プロポリスを配合した絆創膏が使用されているとのことです。

     

    プロポリス研究の先端を行っているドイツでは、抗生物質としてプロポリスが用いられています。
    通常、内服剤の抗生物質は副作用を伴いますが、プロポリスは副作用がないため安心して使えるということで、広く利用されているのです。

     

    このように、海外に目を向けるとプロポリスというのは薬と同列に扱われることも珍しくなく、しかも自然由来のため副作用もないため、多くの人が好んで使用しているわけです。
    そのことを念頭に入れると、日本ではプロポリスについての理解が遅れていると考えざるを得ません。
    日本癌学会で松野哲也博士が、プロポリスの抗がん作用について発表したことにより、日本でもプロポリスが単なる健康食品ではないことが多少知られるようになりましたが、ヨーロッパに比べればまだまだでしょう。
    寺尾養蜂としては、プロポリスの驚くべき免疫活性作用や抗がん作用などについて、より多くの方に知って頂くべくこれからも日々尽力していこうと思っています。
    category:プロポリス 薬 | by:店長comments(0) | -

                
    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
                
    プロポリス寺尾養蜂日本支社
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM