治療に用いられてきたプロポリス

2017.09.07 Thursday 12:20
0

     

    治療のためにプロポリスを用いるというと、科学的根拠がないだとかエビデンスがどうだと言う人もいます。

     

    でも実は、そのような言われ方をするようになったのはここ何十年の話です。

    プロポリスは、実に4700年もの長い期間を通して人間が治療薬として用いてきたという、重い実績があるのです。

     

     

     

    【プロポリスの治療の歴史】

    プロポリスが初めて人類の記録の中に出てくるのは今をさかのぼる4700年前、紀元前2700年のメソポタミア文明の時代の碑文です。

    そして古代エジプトにおいては、ミイラ作りに欠かせない防腐剤の役割をプロポリスは担いました。

    紀元前300年頃には、誰もが知る著名な哲学者アリストテレスがプロポリスを感染症の治療に効果を発揮する薬として記述したのです。

     

    時は過ぎ、西暦12世紀。

    今はジョージアという国名のグルジアでは、医学書ガラバジーニの中で、プロポリスが虫歯の治療や口内の腫物(口内炎)の治療に用いられることが書かれていました。

    さらに西暦17世紀には、ヨーロッパでプロポリスは治療のために軟膏として広く利用されていました。

    たとえば、産まれたての赤ちゃんのへその緒を切った後に化膿止めのためプロポリスが塗られていたそうです。

    また、プロポリスの鎮痛作用も知られており、リウマチ疾患にもプロポリスを塗っていたことが記述に残っています。

     

    プロポリスの優れた殺菌効果と治療の効果は、戦争時にも活躍しました。

    19世紀末にはイギリスと南アのボーア戦争において、傷ついた兵士たちに治療薬として用いられました。

    また、疲労困憊した兵士たちにプロポリスが与えられ、兵士たちはそれを疲労回復目的で噛んでいたそうです。

    プロポリスの原塊を噛むなんて、戦時中じゃないとできないことですよね。

    でも、それだけプロポリスの治療の効果が広く認められていたということです。

     

     

     

    【プロポリスが再び注目を浴びる】

    プロポリスは何千年にもわたって、その高い治療の効果のために利用されてきましたが、20世紀に入って抗生物質が登場してからは、プロポリスは治療薬としてあまり用いられなくなりました。

    西洋医学全盛時代になったため、他の自然療法と同じようにプロポリスも忘れ去られようとしていたのです。

     

    ところが1967年、デンマークのルント・アーガード博士がプロポリスを用いる効果的な治療法を発見したことにより、プロポリスは再び日の目をみることになるのです。

    ちょうどその頃には、抗生物質などの化学薬品の負の部分、副作用の弊害が知られるようになっていました。

    ですから、100%天然の治療薬としてプロポリスにスポットが当たるようになったわけです。

     

     

    こう考えてきますと、プロポリスというのは決して単なる健康食品として片づけることはできません。

    人類の健康のために何千年ものあいだ治療の目的で利用されてきたプロポリスは、近年ではガンや糖尿病などの難病にも有効性が認められるほど、本当に強力な治療“薬”なのです。

     

     

     

     

    category:プロポリス 薬 | by:店長comments(0) | -

                
    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
                
    プロポリス寺尾養蜂日本支社
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM